“ツバメの巣”が持つ三大美容成分

アナツバメの巣のちからをもっと知ってほしい

ツバメの巣がなぜ美容に良いと言われているか、ご存知ですか?

雄のアナツバメの巣が繁殖期に約30日かけて唾液を固めて作る巣には、美の司令塔といわれる「シアル酸」や、美容に良い「EGF(表皮成長因子)」「FGF(線維芽細胞増殖因子)」が含まれます。「美巣」はこれに天然ミネラルやビフィズス菌を増やすオリゴ糖を豊富に含んだてんさい糖を加え、食べやすくしました。

ローヤルゼリーの200倍
自然のパーフェクトフードと呼ばれるローヤルゼリーと比べても、ツバメの巣のシアル酸量は段違いの200倍です。
糖鎖の栄養素が豊富
現代人は精製された穀物を食べ、ストレスや食品環境の悪化が重なり、糖鎖栄養素は慢性不足の状態です。

アナツバメの巣に多く含まれる三大栄養素

人を何より美しく、健康にするツバメの巣のちからの秘密はこの3つの栄養素でした

  • 糖鎖栄養素

    体内のバランスを整えて美と健康をサポート

    「すこやかに美しく生きるちから」

  • シアル酸

    ヒアルロン酸やコラーゲンをサポート

    「ローヤルゼリーの200倍」

  • EGF・FGF

    お肌のターンオーバーや弾力をアップさせる

    「ノーベル賞を受賞した美容成分」

アナツバメの巣は糖鎖の宝庫

糖鎖を作る栄養素8種類のうち、6種類がアナツバメの巣に含まれています。

古くから皇帝や貴婦人に愛され、食されてきたアナツバメの巣には、体内バランスを整える働きをサポートする糖鎖の栄養素が豊富に含まれています。

前のページへ戻る