Art of BI-SU

美の本質とは

美しさを発信するアーティストの皆様に焦点をあて、BI-SUがテーマとする「美の本質」に迫ります。

今回の対談のお相手は東京2020オリンピックにてヘアメイクディレクションを担当するなどグローバルな活躍を続けるヘアメイクアップアーティスト冨沢ノボルさん。

2023年、デビュー30周年を記念した写真展と写真集「LOVE IS THE MESSAGE」にBI-SUの協賛が決まったことで、スペシャル対談が実現しました。

「稲冨さんとお話をしていると、
その熱い想いに涙が出てきちゃうんですよ」(冨沢さん)

冨沢さん(以下T):

タレントのMEGUMIさんとビューティ企画をやりたいね。どこか企業と組めないかなと考えていたとき、PR会社の方にご紹介いただいたのがBI-SUさんなんですよ。

初めてアナツバメの巣を見たときのあまりの美しさに感動し、そのときのイメージを軸にMEGUMIさんを起用したビジュアルを制作したんですけど、それを稲冨さんがユニークな発想だと気に入ってくださって、それで、是非お会いしましょうということになったんですよね。

初めてお会いしたときに稲冨さんが僕に話してくれたアナツバメの巣や、なぜアナツバメの巣に魅せられたのか、といったお話は今でもすごくよく覚えているんですよ。とにかく情熱的で熱いなんてもんじゃない。アツアツなんですよ!僕はもう、その想いに胸を打たれてしまったし、自然と涙が出てきちゃう感じでしたね(笑)。僕らの周りっていうのは熱い人が多いけれど、さらにアツアツな稲冨さん。とんでもなく素敵な人に出会ってしまったなと。

talksession_02
talksession_03
text_01

稲冨(以下I):

僕はファッションもビューティも音楽も疎い人間なんですけど、ノボルさんとMEGUMIさんのビジュアル制作のお話が出たときに、うちの社員にこう言われたんです。「芸能人が流行らせたファッションもヘアスタイルも、その裏にいるメイクさんやスタイリストさんの尽力やセンスによるものですよ。だからその方たちをリスペクトするべきです」と。それで僕も尊敬の念をもって勉強してみたいと思ったし、是非ノボルさんとご一緒してみたいと思ったわけです。

そのときノボルさんが作ってくださったMEGUMIさんのビジュアルがまあ素晴らしくてね。もともと1500年以上スープにするしかなかったアナツバメの巣をエキス化するのに成功して簡単に食べられるようにしたり、コスメティックにしたり、そもそも5000キロ以上離れたジャングルからアナツバメの巣を持ってきたりと、僕もイノベーターのつもりでいるんですね。その、BI-SUのストーリーをああいうビジュアルで表現していただけるっていうのはすごく革新的だと。

そのあと一緒に食事をしたときに、これからもご一緒できたらいいですねという話があったんですけど、コロナのパンデミックもあったりでなかなかタイミングが合わずでして。

「僕の生きた証がBI-SUであり、
ノボルさんが作ってくださったビジュアル」(稲冨)
talksession_05

T:

と、いいつつ、2020年東京オリンピックのときも、BI-SUのキャンディーをたくさん差し入れてくださいましたよね。国際的なイベントですからセキュリティのヘルスチェックがものすごく厳しかったこともあって僕も絶対に体調を崩せないので、栄養豊富なキャンディーが本当にありがたかったです。

オリンピックでは1000人の方にヘアメイクのディレクションをしたんですけど、そういった方たちにもおすそ分けできるくらい大量のキャンディーでしたよね。皆さん本当に喜んでおられましたし、それでみんなでひとつになれたという感覚がありましたね。そして今回も、僕の周年企画、『LOVE IS THE MESSAGE』にご協力いただいて。本当にありがとうございます。

黒い羽をつけたモデルのビジュアルっていうのは、実は、稲冨さんをイメージしたものなんですよ。強く、広く、熱いという想いをのせた架空の鳥というか。

I:

そうなんですか。嬉しいですね。光栄です。

T:

外見の美しさっていうのは実はどうでもよくて、大事なのは中身。心の美しさこそ本当の美だと思うんですよね。そういった想いも込めてメイクアップしました。今はSNSも普及しているし、何を信じていいかわからないような時代でもあるんですよね。

本当に信じていたものが実は嘘だったりすることもある。自分しか信じられないような寂しい時代でもあるのかな。そういう今だからこそ、稲冨さんのようなアツアツな想いだったり、BI-SUのように本物の良さを追求した製品が未来を明るくするというか。

今回撮影してくれたフォトグラファーのレスリー・キーも、これまた熱い想いを常に掲げて世界中を飛び回っているような人なんですよ。そんなコンビネーションで今回このビジュアルを作れたことは、僕の中でもう、夢のようです。

I:

僕はBI-SUを、100年、300年、500年後も生き続ける。愛され続ける。なくなったら惜しまれる。というブランドにしたい。

そのためには、人も動物も自然も傷つけない。

環境エコシステムが完璧にならないともう今からの時代は生きていけないっていうことを、僕は13年前、このアナツバメの巣と出会って、ジャングルの中1人で考えているんです。そこでこう、生きた証を残せているっていうのを、僕は100年後の自分から今を見ているんですね。

そして、今回のようなお話をいただいて、素晴らしいビジュアルを作っていただいて、記念にも記録にも、僕の孫にもひ孫にも残せるっていうのは、本当にもう感動で感謝していますし、光栄だなと思っています。ノボルさんは僕を熱い熱いとおっしゃいますけど、僕はもうこれしかできないし、このために生まれてきた人間だと思っているので、だからどうしても熱くなってしまうんです(笑)。

さっきノボルさんは、真の美とは心の美。と、おっしゃっていましたけど、僕が以前お話したツバメにまつわる話を心で受け取ってくださって、心に残してくれて、そして、思ってくださるということも、すごく嬉しいですね。ありがとうございます。

T:

外見の美しさっていうのは実はどうでもよくて、大事なのは中身。心の美しさこそ本当の美だと思うんですよね。そういった想いも込めてメイクアップしました。今はSNSも普及しているし、何を信じていいかわからないような時代でもあるんですよね。

本当に信じていたものが実は嘘だったりすることもある。自分しか信じられないような寂しい時代でもあるのかな。そういう今だからこそ、稲冨さんのようなアツアツな想いだったり、BI-SUのように本物の良さを追求した製品が未来を明るくするというか。

今回撮影してくれたフォトグラファーのレスリー・キーも、これまた熱い想いを常に掲げて世界中を飛び回っているような人なんですよ。そんなコンビネーションで今回このビジュアルを作れたことは、僕の中でもう、夢のようです。

I:

僕はBI-SUを、100年、300年、500年後も生き続ける。愛され続ける。なくなったら惜しまれる。というブランドにしたい。

そのためには、人も動物も自然も傷つけない。

環境エコシステムが完璧にならないともう今からの時代は生きていけないっていうことを、僕は13年前、このアナツバメの巣と出会って、ジャングルの中1人で考えているんです。そこでこう、生きた証を残せているっていうのを、僕は100年後の自分から今を見ているんですね。

そして、今回のようなお話をいただいて、素晴らしいビジュアルを作っていただいて、記念にも記録にも、僕の孫にもひ孫にも残せるっていうのは、本当にもう感動で感謝していますし、光栄だなと思っています。ノボルさんは僕を熱い熱いとおっしゃいますけど、僕はもうこれしかできないし、このために生まれてきた人間だと思っているので、だからどうしても熱くなってしまうんです(笑)。

さっきノボルさんは、真の美とは心の美。と、おっしゃっていましたけど、僕が以前お話したツバメにまつわる話を心で受け取ってくださって、心に残してくれて、そして、思ってくださるということも、すごく嬉しいですね。ありがとうございます。

text_02
「いつも真っ白なピュアな気持ちでいたい。
それが僕の原点だから」(冨沢さん)

T:

ジャングルの中で、携帯もなくて、まるで自分の目の前に自分自身を映すミラーを掲げているかのような状況で、要は自分自身に問いかけていらっしゃるんですよね。そういう人に、私たちのように雑念の多い人が勝てるわけがなくてですね。正直言って、ピュアに自分に向き合っている人になるべく近づきたいと思っている自分もいるんですよ。いつもメイクアップするときは、真っ白な気持ちでいたいという想いでやっているので。

30年やってきましたけど、今も、これからもずっと、ピュアな気持ちを持ち続けていたいんです。だからいつも頭をぐりぐり揉んで、とにかく柔らかくいようと。

I:

この間、レスリーさんがあまりにも僕について聞いてくださるので白状したんですけど、「僕はジャングルにアナツバメの巣を採りに行って、ツバメたちと対話をするんです。それが、僕の原点なんです。ツバメたちに対して絶対に嘘はつかないし、僕はピュアでいるし、あなたたちのことを見ている。ツバメたちとの約束を僕は毎年更新しに行っているんです」と。

I:

自宅のトイレにもこう書きました。「迷った時は遠くを見ろ」、「他人の声を聞くな。ツバメの声を聞け」と。お客様の声を聞きすぎると、ただの商売人に成り下がってしまうんですよね。

我々は時代をつくったり、正しい方向に導くのが使命だと思ってやっているのに、ビジネスでぶれてしまうと初心を忘れてしまうので。そういう意味では、僕とノボルさん、レスリーさんも一緒だなと思います。

「アナツバメの巣との出逢いはミラクル。僕の人生要所要所でツバメたちが助けてくれるんです」(稲冨)

T:

今後の稲冨さんは、どんなご予定なんですか?

I:

BI-SUは僕の商売じゃなく生き様なんでね。お金ではなく挑戦していきたい。アメリカやヨーロッパからツバメたちを守る活動も僕はしていかなければいけないし、そのシンボリックなもの、平和の象徴がBI-SUであるように。製品としては、新しいアナツバメの巣のエキスが凄まじくて、人のエネルギー効率を上げるようなエビデンスが出てきたんです。それを使って近々プロテインを作ろうと考えています。宇宙航空研究開発機構JAXAもこのエビデンスに興味を持っていて、今話をしているところです。

T:

凄いですね〜。楽しみですね。ネクストのステージ。いつも次のステップをお話くださる稲冨さんが僕に元気をくれるし、好きなんですよね〜。ハートのレベルがすごい。やっぱりどんなことも、アツアツなハートがないとできないですよね!

talksession_07
text_03
talksession_09
HAIR & MAKE-UP ARTIST
NOBORU TOMIZAWA

1992年からフリーランスのヘアメイクとして活動。1995年に渡米(NY)。1998年に帰国。東京をベースに、ファッション誌、広告、TVコマーシャル、コレクション、映画、舞台などのヘアメイクディレクション、メイクデザインを中心に活動。

2021年に開催されたオリンピックでは、開閉会式、パラリンピック閉会式のヘアメイクディレクションを担当するなど、今、最も活躍するヘアメイクアップアーティストの一人。

BI-SUとノボルさんの初めての企画
NOBORU TOMIZAWA 30th Anniversary
『LOVE IS THE MESSAGE』
2024.1.6[SAT]-2024.1.21[SUN]
11:00~19:00入場無料
原宿キャットストリートにあるアートギャラリーにて実施される冨沢ノボルさんの活動30周年を記念した作品展示会。会場では、BI-SUとのコラボビジュアルの他、30周年を記念した新たな作品も展示され、ダイナミックで美しく、楽しい展示となる予定です。
ぜひ、皆様も会場でアナツバメの新しい一面をご覧ください。
talksession_10
Creative Space Akademeia21 Harajuku
ACCESS:東京メトロ千代田線 「明治神宮前」駅 徒歩7分
JR線「渋谷」駅 徒歩8分 「原宿」駅 徒歩12分